「あなたに答えを与えないブログ」

私はあてにされるのが嫌いだ。

別の言い方をすれば、期待されることが苦手なのだ。

私は飽き性であり、期待に応えたいと言う気持ちがないわけではないのだけど、

できるかぎり「しがらみ」から自由でいたい。

 

ブログは長文発表の場と捉え直すことにしたんだけど、

他方、「昔ながらの(「ブログ飯」とか考えない)ブログ」や、

ブロガーを職業のように捉える人たちの書くような、「〇〇がおすすめ」「〇〇が断然!」みたいなものも書いてみたくはある。書けるかどうかはおいておいて。

そう考えた時に出て来たのがタイトルの「あなたに答えを与えないブログ」だった。

 

いろんなものは書きます。けど、検索してくれてきてくれたのかもしれないけど、私は答えあげないよ。

 

みたいな感じのつもりでいたが、こうして書き出してみるとそんなブログ、腐る程あるね。むしろ、わざわざそんなことをブログテーマに掲げるような書き手は、大変優れた著述家に絞られるのではないか。

 

うん、大恥をかくところだった。

 

しかし、ブログってなんなんだろう。コミュニケーションの一端なのか、置き手紙の現在形なのか。言いっ放しのメモなのか。

なんにもわからないまま、今日もなんとなく何かを考えている。