id:are開設にあたって

 

 

ブログを書くのは初めてではない。

しかし、これまでのブログというのは、和製SNSとしてスタートしたmixiGREEにしたためてきたような文章と大差がなく、超個人的であり、二度読むのには耐えない。

たとえ備忘録としても、通読に耐える文章でなくてはブログである意味がないように、今は感じている。

はてな社のサービス全般に感じている独自の空気にひたりながら、少しずつ考えや色を出していけたならと思っている。

 

 

 

筆者について

Twitterにて「誰」を名乗る。読み方は「だれ」ではないが、とくに拘泥していない。

もちろん本名ではないし、あだ名でもない。その漢字の意図するところは、私がだれであっても読者に無関係であることと、見知らぬだれかでいたいということの二つの意味がある。

 

ブログタイトルについて

id:are ...

読み方:アイデア。いろんな言葉を重ね合わせた。アイデアの備忘録としてブログを使いたいこともある。

dareという言葉は英語では「敢えてでもやれ」というような意味合いであるらしいことも気に入っているのだが、ローマ字読みすれば「ダレ」になることも御誂え向きだった。私自身のIDとも呼べるかなと。

i, dare ...で「私が「誰」だ」となること。